前へ!アイコン画像 東京都政対策委員(世田谷区)岡林ひろか本人写真
前へ!アイコン画像 東京都政対策委員(世田谷区)岡林ひろか本人写真

岡林ひろか

東京都政対策委員
(世田谷区)

Instagramアイコン Instagram

ごあいさつ

昨年1月15日に国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認され、1年半近く経っても一向にコロナ禍のトンネルから抜け出せません。

何度も大きな波に襲われるたびに、行政から繰り返されるのは、都民への外出自粛、事業者への時短や休業、医療現場への病床確保といったお願いです。

私は毎日の駅頭で、命も健康も雇用も危機にさらされ、不安を感じている方々の声をお聞きしています。

とことんステイホームの前に、東京都はやるべきことがある。

「要請に応じられるだけの休業補償や赤字補填」

「病床使用率等の正確な情報公開」

「要請と解除の明確な基準策定」

切実な都民の声を、具体的な政策にして、東京都政を変えていきたい。

一刻も早く、活力ある経済と当たり前の日常を取り戻したい。

私はこれからも、山手線一周と同じ広さの世田谷区を自転車で走り、お一人お一人の声を聞かせていただきながら、全力でこの難局に立ち向かいます。